全身のMRI検査が可能な条件付きMRI対応植込み型除細動器(ICD)を発売

バイオトロニックジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェフリー・アニス)は2015年5月より、特定の条件下における全身のMRI検査が可能な条件付きMRI対応植込み型除細動器「イフォリア 7 ICD ProMRI」 を販売開始いたしました。
全身のMRI検査が可能な条件付きMRI対応植込み型除細動器(ICD)を発売 (PresseBox) (Tokyo, Japan, ) 人口100万人あたりのMR装置普及台数が世界第一位*の日本において、MRI検査は非常に身近で、リスクの低い検査として知られています。近年、条件付きMRI対応のCIEDs(心臓血管植込み型電子デバイス)は、世界的に新規植込み手術における機種選定のゴールドスタンダードになりつつあります。2013年10月、日本で初めて使用可能となった条件付きMRI対応植込み型除細動器「イレスト 7 ICD Pro」では、MRI検査において撮像領域に制限がありました。この度発売となった「イフォリア 7 ICD ProMRI」は、撮像領域に制限のない、全身撮像可能な条件付きMRI対応植込み型除細動器です。MRI検査のニーズが高い頭部、脊椎領域はもとより、胸部や腹部など幅広くMRI検査に対応することが可能です。この度の製品発売について、桜橋渡辺病院循環器内科の井上耕一医師は「従来の条件付きMRI対応植込み型除細動器は、撮像領域に制限があるなど、MRI撮像条件に煩雑な面があることを否めなかった。この度バイオトロニック社より発売される条件付きMRI対応植込み型除細動器は、撮像領域に制限がなく、煩雑であったMRI撮像条件面が改善されている。このように様々なCIEDsがMRI検査に対応し、その撮像条件が緩和されていくことは非常に喜ばしいことである。」と述べていらっしゃいます。

 また「イフォリア 7 ICD ProMRI」には、全自動且つワイヤレスの遠隔モニタリング(BIOTRONIK Home Monitoring®)機能が搭載されています。BIOTRONIK Home Monitoring®は、患者様に植込まれたデバイスから、ICDシステムの状態や不整脈をはじめとする生体情報を毎日、サーバーに送信するシステムです。医療関係者はこれらの情報をPC等からインターネットを介して遠隔で確認することができ、患者様の不安を軽減できる可能性と、更には無症候性心房細動などの早期発見、および早期治療介入を実現できる可能性があります。

* OECD Health Statistics 2013

バイオトロニックジャパン株式会社について

バイオトロニックジャパン株式会社は、ドイツ・BIOTRONIK社の心疾患治療技術をいち早く日本に導入するため、2003年10月に日本ビオトロニック株式会社として設立された日本法人です。2005年9月にバイオトロニックジャパン株式会社と改名しました。ドイツ企業特有の技術力と製品開発力、医師、コメディカルおよび患者さんのニーズを素早く反映するスピードを活かし、今後も日本における先端技術のイノベーションを目指して活動しています。
http://www.biotronik.jp

Kontakt

BIOTRONIK
Woermannkehre 1
D-12359 Berlin
Manuela Schildwächter
BIOTRONIK SE & Co. KG
Communications & PR Manager

Bilder

Social Media