NCPエンジニアリングのSecure Enterprise Client 10.02のWindowsユーザー向けのアップデートでEnhanced Remote Access VPNサービスが可能に

初めてのWindows 10対応のIPsec Clientがモノのインターネットのコンフィギュレーションを最適化しながら使いやすさの可能性を高めるフィーチャーをあらたに追加して登場
(PresseBox) (ドイツのニュルンベルクにて, ) NCPエンジニアリングは本日、現在発売されているOSでは最新版であるWindows 10を使用しているユーザーだけでなく、Windows 8.xやWindows 7、さらにWindows Vistaを使用しているユーザーに向けてアップデートされたNCP Secure Clients バージョン 10.02を提供することを発表したいと思います。

アップデートはユーザーのインターアクションの必要としないモノのインターネットのコンフィギュレーションの最適化を含んでおり、接続された環境でのネットワークの管理者のためのプロセスを合理化します。また、LANケーブルが差し込まれたときに、デュアルネットワークの接続をユーザーの指示によって取り除きながら、WLANアダプターを非アクティブ化する機能を新たに搭載しています。さらに、ClientはユーザーがWindowsにログインする前にパスワードやPINコードを入力することなく、システムが開始されるとただちにVPNトンネルを起動させることができます(プレログオン)。この新しいマシン認証と一緒になったプレログオンによって、個人のユーザーではなくITの管理人によってデバイスを管理するのが簡単になり、会社全体の環境でのセキュリティを確かなものにします。

その他の主要なアップグレード

- Periodic Friendly Net Detection (FND)での定期的なテスティングによって、推奨されるネットワークが使用不可能になった場合にユーザーへ報知
- Windowsのタブレットやスマートフォンなどといったタッチパネルを備えたモニター向けに調整されたユーザーインターフェイスでさらに使いやすく
- ログプロトコル内でのログ機能の記録とマネージメントシステムによって保留されているごく近いコンフィギュレーションのアップデートの検索

NCP Secure Clients for Windowsバージョン10.02をお求めの企業のお客様はNCPの代理店と販売店のネットワークからどうぞ

キーポイント
- NCP Secure Entry ClientsはCiscoやCheck Point、Fortinetの優れたVPN ゲートウェイおよびファイアウォール、そしてWindowsのOSのうち10、8.x、7やVistaだけでなくOS X 10.10 Yosemite向けOS X Clients、 OS X 10.9 MavericksやOS X 10.8 Mountain Lion、Android 5.xおよび4.xなどに対応しています。

- NCP Secure Enterprise SolutionにはNCPのスケーラブルなハイブリッドのhybrid IPsec/SSL VPNゲートウェイであるenterprise IPsec VPN client suiteや、組織のリモートアクセスのインフラストラクチャ―全体をサポートするマネージメントシステム (SEM) が含まれます。NCP Remote Accessソリューションは

共有のネットワークへの通信を確実なものにすると同時にIT管理者が異変をモニターして、ブリーチの場合には直ちにアクセスをリボークするなどして問題が発生してからすぐに対処できるようにします。

リソース
- NCP Secure Clientsは100%のソフトウェアのソリューションです。ハードウェアも、入荷待ちも長い待ち時間もありません。30日間のEntry Clientの無料トライアルを試して今のVPNクライアントとの違いを知るには、www.ncp-e.com/try_ncpまでどうぞ。

Kontakt

NCP engineering GmbH
Dombühler Strasse 2
D-90449 Nürnberg
コートニー・アレン
March Communications
Social Media